インプラントとは?

抜けた歯をそのままにしておくと・・・

抜けた歯をそのままにしておくと・・・

歯を失うということは、歯冠だけでなく咬む力を支える歯根までも失っているということです。歯根の消失は、骨の退縮や左右の歯の傾斜、相対する歯が上がったり、下ったりと、様々な弊害を招きます。
そのような状況になれば、歯並びや、噛み合せにも当然影響していきます。
この「歯根の消失」を補う治療法が、インプラントになります。

オススメ度チェック

私はインプラントがいいのかしら?とお悩みの方。まずは「Nクリ-クイック自己診断-」を行ってください。
当てはまる項目がある方は、無料カウンセリングに御気軽にお越しください。
口腔外科専門医があなたの症状に一番あった治療を診察のうえ提案させていただきます。きっと満足していただける治療を提案できると自負しております。

Nクリ -クイック自己診断-

  1. 取り外す入れ歯が面倒
  2. 入れ歯の異物感が大きい
  3. 部分入れ歯で歯に掛ける金具が見えるのが気になって話しにくい
  4. 金具の周辺に汚れがたまりやすい

  5. 入れ歯の安定が悪く、かめない
  6. 入れ歯で発音しにくい
  7. 咬むと歯茎が痛い
  8. 歯を抜いたあと、どんな治療をしようかと悩んでいる
  9. ブリッジを入れるために健康な歯を削りたくない
  10. 健康な歯はこれからもできる限り残したい
  11. 自分の歯の様に見た目をきれいにしたい

インプラントによる治療

インプラントによる治療

歯科インプラント=人工歯根
歯を失ったとき、顎の骨の中にインプラント(人工歯根)を入れ、その上に冠をかぶせる治療法の事です。

入れ歯を使われていても違和感、痛みなどでお困りの方はインプラントを土台としてお悩みを解消することができます。

入れ歯自体を使わずに自然に噛めるようになる場合もあります。

固定式のブリッジ(つながったかぶせ物)ができなかった場所に歯を作ることもできます。

従来の治療法では両隣のきれいな歯を削ってブリッジを作っていた場合も、インプラントでは両隣の歯はまったく触らずに抜けた歯の部分だけ人工の歯を作ることができます。

特徴と材質

インプラントの特徴と材質安定感あり、異物感なし、審美性あり、噛む力の支えあり

歯を支えている顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋めると天然の歯の根ようにしっかりと安定します。インプラントの上に天然の歯とほぼ同じように人工の歯を作ることができます。材質はチタンという金属です。チタンの上には骨の細胞が成長するという特色があります。生態親和性も高く金属アレルギーの報告もほとんどありません。